最終更新日: 3 月 20, 2024

砂漠を旅することには疑いようのない魅力があります, 砂と砂丘の広がりを横切る あなたの四輪駆動車を運転すると、貴重なスリルとスリリングなでこぼこの乗り心地が得られます.

しかし この砂丘の海に浸ったら, 抜け出すのは簡単ではありません, 特にハッチまで沈泥のままの場合.

砂漠で砂丘に乗る エデギュエイトの装備とテクニックを必要とし、ライドを重ねるごとに磨くことができます.

Amazon アソシエイトおよび eBay パートナー プログラムの一環として, 対象となる購入から収益を得る.

砂漠でATVオフロード車で砂丘に乗る.
砂漠の砂丘に乗るオフローダー.

砂の上に乗る

Imagine you’re driving in a hot, sandy desert. You’re on tracks made up of rocks, 石, 砂, ほこり. When you’re riding a 4×4 ATV off-road in the desert, it’s crucial to plot an ideal trajectory in your mind. This trajectory should start a few miles ahead of where you are. It helps you avoid the deepest potholes and ruts. 覚えて, even the simplest breakdown can cause significant delays and problems.

Off-road driving in the desert requires caution. Avoid impetuous driving and special trials. Don’t attempt “砂丘バッシング” unless you’re very familiar with the area and terrain.

砂漠で, you’ll often encounter とても柔らかい砂丘. These dunes slowly encroach on visible tracks if vehicle transit is low. In such cases, slow down and face the dune at its lowest part. Expect an abrupt slowdown of the ATV vehicle as soon as the wheels sink into the sand.

追い越し前, downshift at least one gear. Face the dunes with the engine revving, to compensate for any drops in rpm due to sand resistance. Be mindful of the impact speed. You usually come from a smooth section of track and might not notice the sand curb in time.

If the sandy section becomes long and there’s no space available at the edge of the track, it’s useful to squeeze into the ruts left by previous vehicles. Follow a fairly sharp one to take advantage of the “track effect.” Off-road jolts to the right and left are guaranteed, but if you don’t overspeed, you won’t have any surprises until you reach the hardest section.

でも, when you have a chance to turn around these curbs, トラックの幅を考えると, it’s a different matter. In this case, we’re always traveling on a quite hard surface. Our only task is to follow the myriad of tracks in front of us. Not one in particular, むしろ、彼らの大多数によって「定義された」トラック. 覚えて, we must be flexible in our assessment of the trajectory and not be fooled by sudden, 一見無意味なターン.

砂丘に乗る

の最初のルール 砂丘の克服 することです 避ける 最も風光明媚な軌道にすぐに集中します。. 直接のもの, また、砂ではパワープレーンで勝つことはほとんどないからです.

その代わり, 障害を克服するためのより緩やかな軌道がほぼ確実にあるため、周囲をダブルタップします, 砂の丘の底は常に風によって持ち帰られた砂によって形成されることを思い出してください。, とても収穫量が多いので. 車両のスロットルにうまく適応する.

砂丘を克服するためのもう 1 つの非常に重要な要素は、風がどちらの方向に吹いているかを確認することです。. 砂丘の吹きさらしの側を認識することを学ぶことが重要です, それは最もコンパクトで重い砂を持つものだからです

もしも 砂丘を越えて エンジンの回転数が落ちたと感じる, シフトダウンしないようにしてください, シフトの瞬間にATVの速度が急激に低下すると、上り坂で失速する可能性があります.

その代わり, 抜け目のない動きは、回転数を下げるときに少し下り坂を操縦することです, 低い傾斜を利用して数フィートの高さを得ることができます, エンジンが停止する前にダノンの頂上を征服することを望んでいます. このマニューバーでは、横の傾斜に注意する必要があります。, これは場合によっては非常に高く、オフロード車が横に転倒する危険性があります.

砂漠の旅: ラス・アル・ハイマ - アラブ首長国連邦
ドバイの砂漠で車に乗る砂丘.

砂からの脱出

車両が容赦なく食い込んでいることに気付いたとき, それは重要です すぐにガスを抜く. 行き詰まりを感じた瞬間は、, 浮力を失った, ATV 車が砂を掘っている. この時点ですぐにガスを抜かないと, 車両はデッキに簡単に沈みます, 外に出るには救助が必要です!

砂に埋もれたら, 試行する唯一の操作は、ギアをリバースに入れ、ゆっくりとトラックに戻ることです, 以前に掘られたトラックを利用して, よりコンパクトな砂のストレッチに到達するまで. そこから, あなたは再び始める, 再びスロットルを穏やかにドージングします, 浮くためにエンジンを利用しようとする, または別の軌道を探しています.

砂地でのスタンディングスタートにもちょっとした秘密がある. 最初は、短すぎない比率を使用することが不可欠です, 2番目/3番目を減らすことをお勧めします, クラッチを素早く離す (数秒で火傷する危険を冒さないように), スロットルを非常に穏やかに操作するだけです, エンジンの回転数をゆっくり上げる. これはすべて、開始時にその小さなポットホールを作成しないようにするために行われます, タイヤと砂の間, ガスを過度に使用すると、オフロード車が簡単に大きくなり、埋もれてしまいます.

便利なギア

  • スナッチストラップ – これには 2 台目の車両が必要になります, しかし、他の人を救助したり救助されたりするために1つ持っておくと常に便利です. ストラップを泥だらけの車の回復ポイントに取り付け、他の車を使用して砂から引きずり出します.
  • シャックルを持ち上げる – 重量物を持ち上げることができる、かなり強力なけん引シャックルが必要です. これらを使用して、スナッチ ストラップをリカバリ ポイントに取り付けます。.
  • 砂梯子回収板 – 外に出ることができるように、下の砂を取り除いた後、これらを車輪の下に置きます. ポータブル舗装の一種, あらゆる種類のオフロード環境で役立ちます, しかし、砂には不可欠です.
  • 長柄シャベル – 掘り始めてできるだけ多くの砂を取り除こうとすることができるように. 最初に後輪をクリアし、後退を試みます. 丈夫なシャベルなら何でもいい, ただし、太陽の下で熱くなる可能性があるため、金属製のハンドルがある場合は必ず手袋を着用してください.
  • たっぷりの水 – 暑いビーチや砂漠で何時間もハードワークをする可能性が高い, 水分補給を忘れずに.

ATVデューンライディングの服装

  1. エンデューロ ジャケット
  2. ライト フルフェイス ヘルメット
  3. メリノウールの靴下
  4. 防塵ゴーグル
  5. 100% 綿シェマグ

サンドスポーツ


サンドボーディング
砂ぞり
火山搭乗

サンドスキー
サンドカイト

デザート レーシング
砂丘バッシング
砂漠のハイキング & キャンプ
砂漠の旅
砂漠のキャンプ
砂漠のランニング

返信を残す